天使のララ ファーストセラムの口コミや効果は?40代と50代がお試し!

天使のララ ファーストセラム 40代と50代の姉妹で効果を「お試し」したレビューブログ

天使のララ ファーストセラムでシワにエイジングケア

天使のララ ファーストセラムで40代のシワ「年齢肌」にエイジングケア

更新日:

多くの高評価の口コミが残されている導入美容液 天使のララ ファーストセラムですが、その口コミの多くに目尻のシワや肌のたるみ、シミやクスミといった『年齢肌』に悩む背景があるようです。

年齢肌とはどんなものなのでしょう、毎日のスキンケアに導入美容液をとり入れることによって、あなたの肌に少しずつ増えてきたシワにいったいどんな効果があるのでしょうか。

年齢肌』に刻まれていく老化の代名詞のような「シワ」ですが、普段から気にしてお手入れしているつもりでも、いつの間にか目尻などに目立ち始め、それが原因でどうしても老けた印象を与えてしまいます。

高純度液体コラーゲン配合の導入美容液 天使のララファーストセラムは、年齢を重ね気になりはじめた40代の額や目尻などのシワ効果はあるのでしょうか。

 

口コミの中でみんなが感じている年齢肌とは?

肌老化年齢肌』…充分、ストレートな言い方にも感じますが、いったいどんな意味があるのでしょうか。

年齢肌とは、少しづつ年齢を重ねていくにつれ、加齢によって年老いていった肌、「肌老化」のことです。

 

若いときには赤ちゃんのほっぺたのように、みずみずしくてふっくらプルンとしていて、思わず触りたくなるような美しい肌です。

もちろん、お手入れなんかしなくてもハリや潤いが保て、夜更かしなどで少しくらい生活のリズムが乱れてもぜんぜん平気。いつまでもメンテナンスフリーで綺麗な若々しい肌が右肩上がりで続くと思っています。

 

しかし、少しづつ年齢を重ね気がつけばシミが増えてハリが無くなりカサついてたるんだ肌に。

目尻のシワが気になり化粧のノリが悪い日も増えて、普段の肌のお手入れも年々効果が感じられなくなってきたり。

あなたも、そんな肌になってきていませんか?

 

天使のララ ファーストセラムの口コミの中にもこのような年齢肌による様々な肌トラブルやお悩みの書き込みが見られます。  天使のララファーストセラムの口コミ

 

加齢により栄養を失った肌に紫外線や乾燥した空気、仕事や家庭、日常生活でのストレスなどの外的要因が重なり、あなたの肌はダメージを受け蓄積し年々老化しています。

そして加齢による肌の衰え(肌老化)を遅らせるための対策、「アンチエイジング」が、必要となってきますが

まずは、シワシミたるみくすみといった、年齢肌(肌老化)の悩みの1つである肌老化の正体を知り理解するところからはじめ、天使のララ ファーストセラムでのエイジング(加齢)に効果的なスキンケアについて考えていきましょう。

 

 

 

あなたの肌に刻まれるシワができる原因は?

天使のララ ファーストセラム 40代のしわへの効果

加齢によりターンオーバーが乱れ、弾力の失われたあなたの肌は、

肌の水分保持能力の低下による乾燥

乾燥した空気など外的要因による乾燥

加齢による女性ホルモン分泌量の減少

仕事や家庭など日常生活での様々なストレス

紫外線による、ハリのある肌を保つ為に必要なコラーゲンの減少

などの様々な要因が積み重なり、ダメージを蓄積して年々老化し少しずつシワが刻まれ増えています。

若い頃と違い肌にハリがなく、化粧のノリも悪い、毎日のスキンケアの効果もあまり感じられない。
あなたも、そんな肌になってきていませんか?

 

年齢肌のエイジングケアの前に肌老化の原因とは

全ての女性に訪れる肌の老化、肌は空気の乾燥や紫外線などの外的要因の他に加齢による影響でヒアルロン酸セラミドといった潤い成分コラーゲンエラスチンなど、肌の弾力やハリにとって大切な成分が減少していき毎日少しずつ老化しています。

この20代をピークにすでに始まっていると言われている年齢肌(肌老化)の原因を理解し、対策として効果的なスキンケアをとり入れ、早めのエイジングケアに取り組み継続していくことが必要になります。

とはいえ年齢肌(肌老化)の原因も、まだハッキリと分かっていないことも多く原因も様々です。ここでは、肌老化の最も代表的な3つの原因について見ていきましょう。。

 

年齢肌(肌老化)の原因 ①:加齢による女性ホルモンの減少

一生の間の分泌量は、わずかスプーン一杯分程度と言われている女性ホルモンですが、わたしたちのホルモンの多くは加齢とともに分泌量が低下していきます。

そのなかで約28日間のあいだ増減を繰り返しながら卵巣から分泌される、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、40代後半から50代頃に急激に分泌量が低下していくため「閉経」が起こります。

またエストロゲンの分泌量が低下すると、動悸やめまい、ほてりや抑うつ症状などの「更年期障害」や、様々な「老年病」を引き起こすことがわかっています。

女性ホルモンのエストロゲン欠乏の影響はこの他にも、男性ホルモンが過剰に分泌され皮脂の分泌量が増えることによる、ニキビや吹きでもの、皮膚が乾燥しやすくなるため肌荒れの原因となるなど様々なトラブルを引き起こします。

 

女性ホルモンの減少を防ぐエイジングケアのためには

日常的にストレスを溜め込まないようにする。

質の高い睡眠の確保。(ホルモンの分泌に影響するため肌の再生には大変重要です)

添加物の多い偏った食生活を見直す。(肉や魚から良質なたんぱく質や脂質を摂る)

適度な運動。(ウォーキングや軽いジョギングなど)

 

エイジングケアで女性ホルモンの減少を防ぐために日常生活でできることは、ストレスを溜め込まないようにする偏った食生活を見直すなど比較的簡単にできることもありますが、年齢肌(肌老化)を防ぐためにも継続的に対策していくことが大切です。

 

年齢肌(肌老化)の原因 ②:乾燥

肌も若いときには皆みずみずしく潤いハリがあります。しかし、年令と共に水分維持能力が低下し肌は乾燥して潤いは失われていきます。

角質層で皮膚の潤いを保っている天然保湿成分(NMF)が、加齢により年々減少していくことで乾燥し、年齢肌(肌老化)の主な原因となります。 角質細胞の約30%といわれるNMF(天然保湿因子)は、「フィラグリン」と呼ばれるタンパク質から作られる水分を抱える性質をもった天然の潤い成分です。

この肌の一番外側の『表皮』が自ら作り出す天然の保湿成分のNMF(天然保湿因子)は本来、皮脂膜セラミドなどの細胞間脂質と一緒に角質層を保湿して潤うための大切な働きをしています。

厚さが平均約0.2mm程度の薄い膜で肌の最も外側にあたる『表皮』は、外側から『角層(かくそう)』・『顆粒層(かりゅうそう)』・『有棘層(ゆうきょくそう)』・『基底層(きていそう)』の4つの層で構成されています。

その4つの層で構成される表皮の最も外側にあたる『角層』は、厚さ平均でわずか約0.02mm程度の厚さしかない非常に薄い膜ですが、外部からのホコリや菌など異物の侵入を防ぐバリア機能や、からだ内部の水分が必要以上に蒸散するのを防ぎ乾燥から保護する保湿機能といった重要な役割を担っています。

表皮の一番内側の基底層では細胞分裂によって『ケラチノサイト(角化細胞)』が毎日新しく生まれています。

ケラチノサイト(角化細胞)は、約2週間少しずつ時間をかけて外側の角層へと押し上げられて、そこで細胞間脂質をはさんで約10~20層ほど重なった内部に「ケラチン」という線維状のタンパク質を大量に抱えた『角層細胞』へと変化します。

※『細胞間脂質』は角層細胞の間で肌の保湿因子『セラミド』を含む脂質が交互に水分をはさみこんで規則正しく何層も重なりあった『ラメラ構造』を形成して角層の働きを支えています。

角層へ押し上げられ角層細胞へと変化したケラチノサイト(角化細胞)は、その後約2週間かけて角層の最も外側まで移動した後少しずつ自然にはがれ落ちていきます。

正常な肌で約4週間(28日)周期で繰り返されるこの新陳代謝のことを『角化』や『ターンオーバー』とよんでいます。

この約28日周期で繰り返されるターンオーバーの乱れは、角質肥厚や敏感肌・乾燥肌やニキビなど様々な肌トラブルを引き起こし、シワやシミ、たるみやクスミといった年齢肌(肌老化)の原因となっています。

 

肌の乾燥を防ぐエイジングケアには

必要以上に洗いすぎない。(汚れは落としても皮脂は落としすぎない)

強い紫外線を避ける。

適度な運動。(血行促進)

エアコンによる室内の乾燥を避ける。(アコンの効いた室内は除湿され乾燥しています)

良質のたんぱく質からアミノ酸を食事で摂り入れる。

エイジングケアで肌の乾燥を防ぐために日常生活でできることは、強い紫外線を避ける、必要以上に洗いすぎないなど比較的簡単なこともありますが、適度な運動などは分かっていてもなかなか意識して改善しずらいことでもあります。 

 

年齢肌(肌老化)の原因 ③:酸化

体内に取り入れた約2%の酸素が、強い酸化作用を持つ活性酸素に変化して脂質と結合し、細胞を酸化させて錆びつかせてしまいます。

活性酸素による酸化でダメージを受けた細胞は、真皮のコラーゲンを硬化させるため皮膚のハリや弾力を失い年齢肌(肌老化)の原因となっています。

活性酸素による影響は、それだけにとどまらず動脈硬化の原因、血液中のLDLコレステロールを酸化させるなど様々です。

ですが、もともと身体に備わっているはずの抗酸化力は40歳前後から加齢とともに低下し、体内で作られる抗酸化酵素の量も年々減少していきます。

この活性酸素を体内で発生させる要因は単に呼吸によるものだけではなく、紫外線、ストレス、喫煙、睡眠不足、生活習慣の乱れなど様々です。  

 

肌の酸化を防ぐエイジングケアのためには

日常的にストレスを溜め込まないようにする。

質の高い睡眠の確保。(ホルモンの分泌に影響するため肌の再生には大変重要です)

添加物の多い偏った食生活を見直す。

禁煙。

紫外線を避ける。

エイジングケアで肌の酸化を防ぐために日常生活でできることは、紫外線に当たることを避けるなど比較的簡単なこともありますが、やはり禁煙や食生活など、分かっていてもなかなか意識して改善しずらいことも多いです。

年齢肌(肌老化)を防ぐためには紫外線対策が非常に重要な鍵を握るということがわかりますね。

 

年齢肌(肌老化)の原因 ④:紫外線

肌老化の原因の実に80%紫外線によるものだといわれていて、紫外線による日焼けは、思った以上に私達の年齢肌(肌老化)に対し大きく影響しています。

ですが、多くの人は一生のうちに浴びる紫外線の約半分上の量を10代までに浴びてしまっているといわれています。

年齢肌(肌老化)の大きな原因である紫外線による日焼けはここから先、しっかりガードしていくことが重要になります。

 

太陽光には、私達の目に見える『可視光線』と目には見えない『紫外線』や『赤外線』とがあり、紫外線は地表に届く光の中でも最も波長の短いものになります。 その紫外線は波長の領域やそれに伴う性質により、UV-A(A領域紫外線)、UV-B(B領域紫外線)、UV-C(C領域紫外線)の3つに分けられています。

UV-C(C領域紫外線)は、空気中の酸素分子とオゾン層によって完全に遮られ、私達の生活している地表に到達することはありません。 UV-B(B領域紫外線)も完全ではないですが、オゾン層などに遮られるため地表にまで到達するまでに量は減少しています。 UV-A(A領域紫外線)は、UV-BやUV-Cに比べると影響は小さいのですが、その多くが地表にまで到達するため、長時間あたることでの肌など人体への影響が懸念されています。

この3つの中でUV-B(B領域紫外線)は、日陰や室内でも日中は明るいように大気中での散乱も大きく、その散乱光の占める割合が非常に高いため人体に有害といわれています。

しかし、日常的に浴びている紫外線の約90%を占めるのはUV-A(紫外線A波)です。UV-A(紫外線A波)は、雲や窓ガラスを透過し室内に侵入して波長が長いため肌の角質層や表皮を通り抜けてしまい真皮にまで到達しています。

そこで真皮中の「繊維芽細胞」を傷つけてしまいヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンを生成する能力が減少して、シワやたるみなどの原因をつくり肌細胞は老化していきます。

また、大気中での散乱が大きい紫外線UV-B(紫外線B波)を浴びた肌の細胞内では、酸化や老化の原因である「活性酸素」が発生してメラニン色素を作り出すことにより、紫外線による肌老化の特徴でもある「シミ」となります。

シミは紫外線UV-B(紫外線B波)を浴びて直ぐにできるものではなく、年々時間をかけ肌の奥に蓄積された紫外線の影響は突然「シミ」となって肌に現れます。

日やけによるサンバーン(肌が赤くなる日やけ)のあと肌が黒褐色になるのは、この紫外線から体を守るメラニン色素が原因となっています。

今シミがないからと油断して紫外線を浴び続け年齢を重ね続けていると、気がつけばシミだらけに。ということになりかねません。

また、紫外線による日焼けはシミ、シワ、たるみなど特に皮膚薄い目の周りへの影響が強く、年齢肌(肌老化)の原因だけでなく皮膚ガンの原因にも深く関係していると言われているため紫外線への油断は禁物です。 

このような紫外線による肌老化のことを「光老化」といい、日常生活で意識的に対策することで、ある程度は比較的簡単に防ぐことが可能です。  

 

光老化を防ぐエイジングケアのためには

紫外線の強い時間帯を避ける。

袖や襟のついた衣服で覆う。

日陰を利用する。

日傘を使う、帽子をかぶる。

サングラスをかける。

日焼け止めを上手に使う。 出典:環境省 紫外線環境保健マニュアル2015

 

エイジングケアで光老化を防ぐために日常生活でできることは、紫外線を避けるために帽子をかぶる、日傘を使うなど比較的簡単にできることが多いですが、年齢肌(肌老化)を防ぐためにも継続的に対策していくことが大切です。

 

年齢肌(肌老化)にはエイジングケアが必要です

天使のララ ファーストセラムでエイジングケア

一般的に30代後半から40歳までに約75%の女性が肌の老化を実感しているといわれています。

 

しかし、生活環境も違えば、年齢や肌質も人それぞれ違い、自分の肌への変化やその感じ方もまた違ってきます。
大切なのは年齢肌(肌老化)を感じる前の早い時期からエイジングケアに取り組み始める事です。20代、30代と年齢を重ね変化していく自分の肌に、それまでとの違いを感じる時がきたら、早めに年齢肌(肌老化)へのエイジングケアを始めましょう。

年齢肌(肌老化)へのエイジングケアには、質の高い睡眠の確保や適度な運動、普段からバランスのよい食事を心がけコラーゲンなどで肌から失われた水分を補充する事も大切です。

また、年齢肌(肌老化)のスキンケアの中で最も大切なことは、エイジングケア用の基礎化粧品を使い肌へ失われた水分を補いしっかりと保湿をしてあげることです。

水分を失い乾燥してガサついた肌を再生していくために『コラーゲン』やアミノ酸、セラミドなどの成分が入った基礎化粧品を使う事によって、ハリを失い年々増えてきたシワを目立たなくし、クスミのない明るく潤った肌をとり戻しましょう。

 

年齢肌のエイジングケアに天使のララ ファーストセラム

あなた肌は、表皮の下に重なる基底膜と真皮のなかにそれぞれ存在するコラーゲンによって支えられてハリや弾力を保っています。

その肌にとって必要不可欠なコラーゲンが減少する原因は、紫外線を浴びることによって引き起こす肌の炎症反応で増えた解酵素やダメージによっておこるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作りだしている線維芽細胞の生産能力低下によるものが、最も大きいと言われています。

 

しかし、もともと年令と共にあなたの肌はコラーゲンを作り出す力が低下しているため自分の力では失われたコラーゲンを補うことが出来ません。

そんなコラーゲンが減少し水分保持力も低下したあなたの肌を改善するためには、外側から補うためにもコラーゲンや保湿成分などの有効な美容成分が充分に配合された基礎化粧品を使用し、継続的にエイジングケアにとり組むのが効果的です。

天使のララ ファーストセラム 全成分
天使のララ ファーストセラム 全成分の潤い保湿効果で蘇る肌

天使のララ ファーストセラムは、そのしっかりと感じられる浸透力により、スキンケア成分の肌への潤い保湿効果を高め、ハリ・弾力・ツヤをとり戻せると40代・50代前後の女性から絶大な支持を受けている高純度液 ...

そこで、高純度コラーゲンを贅沢に配合した導入美容液 天使のララファーストセラムをぜひオススメします。
天使のララ ファーストセラムは年令を重ねターンオーバーが鈍くなり、古い角質が蓄積し肌表面が厚くなってしまった角質肥厚の肌へのスキンケアに、その高い浸透効果と潤い保湿成分で絶大な効果を体感できます。

洗顔後の肌に使用し、その後に使う化粧水や乳液などの基礎化粧品の吸収や浸透力を高める効果で、あなたの肌に潤いを与えハリをとり戻しキープすることでキメの整った肌になり、目尻などのシワを目立たなくしていきます。

 

導入美容液 天使のララファーストセラムの使い方は

高純度コラーゲン配合の導入美容液 天使のララファーストセラムは、白濁した少しとろみのあるテクスチャですが、さらっとしていて肌にとてもなじみやすい導入美容液です。

その使い方は

 

2プッシュ分を手に取る(乾燥具合など肌の状態で調整)

洗顔直後の肌に優しくまんべんなく伸ばす(強く擦らない)

顔全体を手のひらで包み込み、優しくそっと押し込みなじませる(ハンドプレス)

すぐにその後の化粧水や乳液などの基礎化粧品でスキンケア

これだけです!

いかがですか?あなたも高純度液体コラーゲン配合の導入美容液 天使のララファーストセラムの優れた浸透力、潤い保湿効果で、年齢を重ね気になりはじめた額や目尻などのシワにエイジングケアを始めてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

天使のララファーストセラムの口コミを見てみる

 

 

-エイジングケア, 天使のララ ファーストセラム

Copyright© 天使のララ ファーストセラムの口コミや効果は?40代と50代がお試し! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.